お問い合わせ・ご相談運営会社サイトマップ  
     
  独立専門業の経営を支援する株式会社エフ・ビー・サイブ研究所  
 
トップページ サービス・イメージ ご支援コンセプト 当社の基本方針 会社概要と代表者 他の共同運営サイト
 
     
 
独立色の強い事業では、“守り”や“待ち”よりも積極的な“攻め”が基本 《まずは既に備えている“強み”から“攻め”の仕組みを効果的に構築》 お問い合わせ先
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

"攻め"が重要  独立事業が"独立性"を保ちながら発展するには、"守り"より"攻め"が大事になります。巨大要塞を築くかのような"経営手法"は必要ありません。

"強み"が基盤  効果的な"攻め"を実現するには、何より"強み"の効果的な発揮が肝要です。たとえ"弱点"があっても、"強み"を信じて攻め続けるのが基本なのです。

理解させる難しさ  ところが、自事業の"強み"を見つけて、それを関係者に"理解"させるのは、案外難しいものです。"強み"は関係者に理解させなければ機能しません。

最重要経営課題  そのため"強み"の発見と理解の促進が、何より重要な"経営課題"になるわけです。この基本を外しては、いかなる努力も徒労に終わりかねません。

経営企画の理念  そこで《強みの発見》や《強みの創造》と、その《告知方法の確立》が、弊社の《経営ご支援》の中核になっているのです。
それが、弊社がお勧めする《経営企画》の理念です。

経営管理の基本  ただし、"強み"は状況次第で"変化"するものです。その発見と発揚には、常に気を配っていなければなりません。
それが、弊社が考える《経営管理》の基本です。

 
             
             
 

1】2つの強みが"事業の方向性"を紡ぎ出す!

自分の中の最高の強み 他者との比較上の強み  
     "強み"にも、大きく分けて2つあるはずです。それは、
   ①他者との比較の上の強み(相対上の強み)
   ②自分の中での最高の強み(内在的な強み)
の2つです。一般にビジネス上の"強み"と言うと、競争を優位に導く"相対的な強み(上記①)"を指すことが多いようです。
 しかし、経営者ご自身の"生き様"が、そのままビジネスになる独立系事業では、経営者ご自身に内在する中での最高の力(上記②)が生かされているという満足感なしには、逆風時に挫折しやすかったり、継続力を消耗したりすることが多いのです。
 まず、これを"念頭"に置いた現状の再チェックが重要です。
 
             
 

2】戦略的経営と呼ばれるものの"本姿"

 
     ただし、相対的な強み(上記1】の①)の旨みも、戦略的に活用することが肝要です。勝てる分野では、無理をする必要はありません。
 独立系事業が活躍の場を確保し、豊かに躍動するには、①)の相対上の強みと②)の内在的な強みを、効果的に組み合わせた活動を意識する必要があるのです。
 そして、その両者を意識したマネジメントこそ、"戦略的経営"の骨格だと言えるわけです。
 
             
 

3】マネジメントの"仕組み"形成

   
     そうした"戦略的観点"から、事業の相対的強みと内在的強みを引き出し、短期的効果と長期的方針を組み合わせた活動の支援や助言を行うことを、弊社では最も重要な経営支援と位置付けています。
 もちろん、その"強み"の分野は、商品サービス力、資金力、人材力、対外関係形成力等多岐にわたります。そのため、経営実践時のサポートも、広い範囲にわたることが少なくありません。
 ただし、どんなに"分野"が広がっても、集中すべき"視点"が定まるなら、そこには一貫したマネジメント体制が実現します。そして、それこそがマネジメントの"仕組み"と呼び得るものだと考えるのです。
マネジメントの仕組みとは?  
             
 

4】経営ご支援の基本指針

   
     以上の観点から、"強み"を起点とした"経営ご支援"を、弊社の基本方針としています。特に"独立系ビジネス"では、先行き飛躍を狙う時も、大きなピンチを切り抜ける時も、"強み"に集中した展開が、大きな効果を発揮し得るからです。
 ご支援分野は、事業戦略設計や経営管理、あるいはマーケティングや営業力強化から、業務のシステム化や一般事務強化まで、広い範囲に及びます。足の指先の怪我で"身体"が正常に機能しなくなるのと同様、事業は"隅々"まで整備されていなければ、決して想定通りの成果を挙げないからです。
強みに集中した展開のご支援  
             
 

5】ご契約の基本的な形態

テーマ別短期手中  
     "強み"の発揮は、"自律"なしには、徐々に困難に陥ります。他者への依存が大きいと、それだけ"自力"は薄れて行くからです。
 そのため弊社の経営ご支援は、"短期集中"あるいは"テーマ毎の随時契約"として、皆様方の自立活動につなぐことを基本としています。いわゆる顧問契約をお引き受けする際も、期限を切ることを前提としています。
 もちろん、繰り返し問題やチャンスが到来する場合は、繰り返しご支援いたしますが、それは、その都度"新しい"案件と捉えます。
 
             
             
          当社の基本方針へ  
             
        このページトップへ  
             
 
 
  トップサービス・イメージご支援コンセプト当社基本方針会社概要と代表者お問合せ・ご相談
サイトマップ個人情報保護方針運営サイト一覧
 
  対象別ポータルサイトへ |経営者・事業主会計事務所社労士事務所保険営業独立予定者  
 
他の共同サイト一覧
《采配ドットネット》since2017年
会計事務所向け《いいヒントサイト》 since2009年
社会保険労務士事務所向け《いいヒントサイト》 since2009年
保険営業向け《いいヒントサイト》 since2009年
パートナー企業 株式会社さいぶ編集総研 since2004年
マーケティング会員制度《気付きリードの会計事務所》 since2000年
 
 
 
Copyright(C) FBCibe Institute, Ltd. All Rights Reserved.